戸建住宅を新築するならZEH(ゼッチ)は当たり前。その理由は?

ZEH CO2削減 注文住宅 ZEH ZEH+R LCCM

環境問題が深刻化する中、住宅部門からのCO2削減が大きな課題の一つとなり、日本政府は、2030年には全ての新築住宅をZEH(net Zero Energy House)、ゼッチ住宅にするとの方針に則り、注力しています。

僕にはコストのかかるZEH(ゼッチ)にする意味が判らない。教えてください。

これから戸建住宅を新築するなら、ZEH(ゼッチ)しか考えられないはっきりした理由があります。説明いたします。

国からの補助金を受けながら、地球環境を守り、快適な健康住宅が建てられるZEH(ゼッチ)住宅。費用対効果の高いZEH注文住宅を新築するために、知っておきたい点にも触れています。

 

スポンサーリンク

戸建住宅を新築するなら、ZEH(ゼッチ)しか考えられない理由

国内の住宅を全棟、ZEH化する計画があります

政府のロードマップによると、2050年には、住宅部門でゼロエネを実現します。

これは、国内の住宅、全棟ZEH化を実現する。ということです。言い換えれば、新築住宅は当然、ZEH。自宅でエネルギーを自給自足できない既存住宅は、ZEH住宅にリフォームし、ZEH住宅に置き換える義務が生じる事になります。

つまり・・・

これから戸建住宅を新築なさる方は、新築に際し、今、ZEHで建てておかないと、定年間近や定年後の老後資金が必要となる時期に、ZEH化リフォームに多額の改築費出費が発生する可能性がある訳です

戸建て住宅だけでなく、集合住宅ZEH-M(分譲・賃貸)を含め、ZEHは、もう、当たり前になりつつあります。その一つのステップとして、政府は2021年4月以降、建築士に対し、戸建新築を考えている施主の方々に対する『省エネ性能の説明』を義務化しています。

 

省エネ性能の説明が義務化されました

建築物省エネ法に基づき、2021年4月以降、建築士が、戸建新築住宅を考えている施主に対し、当該住宅の省エネ性能を分かりやすく説明する説明義務制度があります。

建物の省エネ法適応の判定に必要な計算:①建物外皮の断熱性 ②設計一次エネルギー消費量

本来、戸建住宅設計に際し、建築業者さんより、施主に対し提示されるべき数字ですが、義務化が遅れたのは、残念ながら、業界でこの計算のできない業者さんが存在しているためです。

ZEH経験のない業者さんや、ZEH経験の浅い業者さんに依頼した結果、低断熱・低気密住宅を新築し、太陽光発電設備をつけたのに、寒くて暑い不快な住環境に苦しみ、光熱費の高さに悩む。これでは、お金と労力をかける家づくりですのに、余りにも、馬鹿げています。

更に、退職前後に多額のリフォームコストが発生する可能性が大きいのであれば、尚更の事。

省エネ法適応の判定値の計算をしっかりとこなし、省エネ性能を確保した快適な住環境を実現してくれる業者さんを選びたいものです

  • エネルギーを使わなくても快適に住まえる高気密・高断熱の外皮性能の高い住宅
  • パッシブデザイン(彩光・風通しなど)を駆使し、部屋ごとの気温差のない、夏涼しく冬暖かい快適な住環境を備える健康住宅
  • 光熱費が抑えられる
    その様な健康ZEH住宅を新築することが、初期投資は若干、嵩んでも、費用対効果が高く、満足度の高い夢我が家を手に入れる事ができるのではないでしょうか。

 

戸建住宅を新築するなら、こんなエコハウスが欲しい

 

費用対効果の高いZEH注文住宅を新築する際、知っておきたい太陽光発電容量、建物外皮断熱性能についての概要です。参考情報としてご利用ください。

 

無駄のない太陽光発電容量にする

年間を通じ、自家消費で使い切れる容量の太陽光発電を設置する。ここが大切なポイントになりますが、気をつけたい点があります。

それは、ZEHのネット・ゼロ・エネルギー計算には、テレビ・冷蔵庫・PC・携帯・オーディオセットなど、生活に欠かすことのできない家電のエネルギー消費量が含まれていないこと、また、日照時間の短い冬季不足分を考慮せず、通年でネット・ゼロとなっている点です。

では、リアルなゼロエネ住宅にするためには、何が必要なのでしょうか?

自家消費に必要な太陽光発電容量

家庭用の太陽光発電の設置費用は1kW当たり20万~30万円程度が相場です。現実的なイメージで例えると、4人家族で平均消費電力は約4.5kWとすれば、太陽光発電で電力をカバーするとなると、100万円以上の設置費用が必要です。     引用元:マイナビニュース

4人家族で家中のエネルギーコストをゼロにするには、概算で、ZEH規定値の50%増に相当する6.5kW程度の発電容量、設置費用は200万円弱となりそうです。

建築士との打ち合わせの折に、詳しく、ご相談なさってください。

発電量は季節により増減する

日照時間の長い夏と、短い冬では、当然、発電量が異なります。

太陽光発電の設置位置・傾斜角、太陽光を上手く取り入れるパッシブ設計、建物躯体の高断熱性・高気密性など、冬季の発電量低減を補う建築士の工夫が必要です。季節毎の発電量と、エネルギー消費量のバランスが取れる様、十分な工夫をした上で、個々のケースに見あった太陽光発電容量を決める必要があります。

 

建物躯体性能をしっかりと確保

エネルギーを自給自足した上で、施主が冬暖かく、夏涼しい、快適な住環境を備えた健康住宅を実現するためには建物躯体性能をしっかりと確保する必要があります。

気密性能

床周り・壁・窓・ドアなどの隙間から冷たい空気が流れ込まない様にすため、気密性C値も大切な基準。C値が小さい程、隙間の小さい高気密住宅となり、施工技術により大きな差が出る部分です。C値1.0cm²/㎡以下が目安と言われていますが、優秀なZEHビルダーさんはC値 0.5cm²/㎡を下回る高気密性を確保しています

断熱性能

Ua値は住宅の外皮(天井・屋根・壁・床・窓等)から、熱が家の外に逃げているのかを表す数値。Ua値が小さい程、高断熱住宅となりますが、それだけではなく、太陽熱を取り込み、冷たい空気の侵入を防ぎ、換気の熱ロスを防ぐ。設計の工夫が大切です。

  • 窓面積に対する窓フレーム面積率が小さいほど、高断熱。大きな窓は高断熱。
  • 窓ガラス内側にLow-Eコーティングすると高断熱。
  • 日射取得型ガラスを選ぶ(冬季、日射熱を取り込む)。
  • 窓フレーム素材は木や樹脂が高断熱。
  • ダブル断熱で断熱性能を高める。
  • 採光などパッシブデザインを駆使し、日射熱を室内に取り込む。
  • 熱交換換気を採用し断熱性能を高める。

 

日本は南北に長い国ですから、気温差が大きく、当然、沖縄と北海道が同じ断熱性能と言う事はありえないので、日本全体を8つの地域に分け[注]、各区分地域で基準となるUa値を表示。

[注]リンクPDF上、住宅建築を予定される市町村名を [COMMAND+F] で検索すると、C欄に地域区分が表示されます。

 

出典:Heat20 http://www.heat20.jp/grade/

Ua値 = 建物から逃げる熱量/ 住宅の外皮面積

潜熱蓄熱材を活用

潜熱蓄熱体PCM(Phase Change Material)機能をもつ建材が活用できるそうです。例えば

塗り壁材に含まれているマイクロカプセルに内包された潜熱蓄熱材(PCM)が、室温が上昇すると熱を吸収して融解し、室温が下がると熱を放出して凝固します。冬の日射熱を夜間の暖房の活用やオーバーヒートを抑制し温度差を少なくします。  出典:東北木材株式会社ホームページ

建築士との打ち合わせの折に、詳しく、ご相談されると良いのではないでしょうか?

 

ZEH(ゼッチ)住宅、機能による違いと補助金について

最後に、各種ZEH(ゼッチ)の違いと、補助金概要についてまとめました。

ZEH(ゼッチ)とは

ZEH(ゼッチ)住宅とは? [注1]
自宅で使うエネルギーと同じだけのエネルギーを、太陽光発電で創る事のできる住宅。 ①高断熱住宅 ②熱効率の高い設備機器を使用 ③太陽光発電による創エネ機能を備える。

[注1] 年間でネット・ゼロ。①HEAT20の外皮性能G1 ②建築物省エネ法の一次エネルギー基準値20%削減 ③家電を除いた創エネ機能

ZEH+(ゼッチプラス)とは

ZEH+(ゼッチプラス)住宅とは?
ZEH(ゼッチ)省エネ基準から、25%以上、一次エネルギー消費量を更に落とした省エネ住宅。加えて、以下3点のうち、2つ以上を導入した高性能ZEH住宅。
①更なる高断熱住宅 ②HEMSによるエネルギーマネジメント ③自家消費拡大措置のための充放電設備、または、充電設備を備えた高機能ZEH住宅。

 

次世代ZEH+(ゼッチプラス)とは

次世代ZEH+(ゼッチプラス)住宅とは?
ZEH+の機能に加え、以下のいずれか1つ以上を導入した次世代高性能ZEH住宅。
①蓄電システム ②燃料電池 ③V2H充電設備(充放電設備)④太陽熱利用温水システム

注2:令和2年度(2019年)に導入されたZEH+R:ZEH+の要件に加え、レジリエンス(防災力)強化措置が講じられた高性能ZEHと同様の定義となっています。

 

2021年度 ZEH、ZEH+、次世代ZEH+ ゼッチ補助金額

まとめ

戸建住宅を新築するなら、ZEH(ゼッチ)しか考えられない理由。ご理解いただけましたでしょうか。建築士と打ち合わせの際、ご活用いただける要点を第2章に、補助金概要は第3章にまとめておりますので、是非、ご活用ください。

ZEH注文住宅をお願いできる複数のZEHビルダーから見積もりとプラン

ネットでお取り寄せできるサービスが便利です

 

タイトルとURLをコピーしました