【2023年度】 ZEH補助金・LCCM補助金制度

2020 LCCM戸建住宅 補助金 ZEH ZEH+R LCCM

住宅部門からのCO2排出量削減は、2050年カーボンニュートラルの実現、脱炭素社会実現に向けた重要なテーマのひとつとなっています。「住宅の生涯」に関わるCO2排出量をマイナスとするLCCM住宅を中心に、2023年度補助金情報を更新しました。是非、ご利用ください。

スポンサーリンク

【2023年度】ZEH・ZEH+・次世代ZEH+・LCCM補助金

自然環境を守る省CO2・省エネ機能を備え、冬暖かく夏涼しい、部屋ごとの温度差のない快適な住環境を備えた健康住宅に住みたい。安心して住まえる耐震性の高い家に住みたい。これは、家づくりを考えている方々に共通したお望みだと思います。

加えて、自然災害が相次ぐ昨今、停電時に、夜間でも電気を使う生活を可能にしてくれる蓄電装置を搭載した高性能ZEH、「住宅の生涯」に関わるCO2排出量をマイナスとするLCCM住宅に対する関心が高まっています。

【2023年度】ZEH支援事業、次世代ZEH+:経済産業省・環境省

ZEH(ゼッチ)支援事業、次世代ZEH+実証事業は、経済産業省と環境省による国の補助金制度。

戸建住宅ZEH補助金額

データ:2023年の経済産業省・環境省のZEH補助金について

 

令和5年度のZEH補助金詳細については、こちらの記事をご参照ください。

【2023年度】ZEH(ゼッチ)補助金早わかり情報とZEHビルダーの選び方
2023年4月6日、令和5年度 戸建住宅ZEH化等支援事業の公募情報が開示されました。 ZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業(補助金)のうち、個人が戸建住宅を新築する場合、および、戸建住宅を取得する際に、利用できる補...

 

ZEH公募スケジュール

[注] スケジュールは変更となることがあります。SIIホームページ各補助事業における公募情報にて、最新公募期間をご確認ください。

ZEH、ZEH+

一次公募期間:2023年4月28日(金)10:00 ~ 2023年11月10日(金) 17:00締切
二次公募期間:2023年11月20日(月)10:00 ~ 2024年1月9日(金)   17:00締切

次世代ZEH+

公募期間:2023年4月28日(金)10:00 ~ 2023年11月10日(金) 17:00締切

次世代HEMS

公募期間:2023年4月28日(金)10:00 ~ 2023年11月10日(金) 17:00締切

【令和5年度】地域型住宅グリーン化事業:国土交通省

地域における木造住宅の整備を図り、環境負荷低減を図るため、地域財の活用促進。地域材を用いた省エネ性能等に優れた木造住宅の整備等に対する支援事業です。

補助金額

  • 認定長期優良住宅、ZEH・NearlyZEH :140万円/戸
  • 認定低炭素住宅、ZEH Oriented   :125万円/戸

加算措置

地域財加算 40万円/戸(柱・梁・桁・土台全て)
20万円/戸(過半数使用の場合)
地域住文化加算
地域の伝統的建築技術の活用
20万円/戸
三世代同居/若者・子育世帯加算 [注] 30万円/戸
バリアフリー加算 30万円/戸

[注] 若者・子育世帯加算:40歳未満の世帯•18歳以下の子を有する世帯

出典:国土交通省ホームページ 住宅・建築物の省エネ・省CO2施策とZEH等支援事業の動向

応募期間

令和5年4月28日(金)~令和5年6月2日(金)

 

 

【令和5年度】LCCM住宅整備推進事業:国土交通省

LCCM補助金額

 戸建住宅: 140万円/戸(補助極度額)
 共同住宅:   75万円/戸(補助極度額)
♠ 掛かり増し費用の1/2以内 [注]

[注]  設計費と建設工事等における補助対象工事の掛かり増し費用、その合計額の1/2以内

公募期間

第1回公布申請期間: 令和5年4月17日(月)~令和5年9月29日(金)

LCCM公募期間

引用:LCCM住宅整備推進事業支援室HP

 

対象となる住宅要件

常時居住する戸建専用住宅

主な補助要件

以下、1〜3全ての要件を満たす新築住宅

  1. ZEHの要件を満たす※1
  2. 再生可能エネルギーを除き、一次エネルギー消費量が現行の省エネ基準値から25%削減
  3. ライフサイクル全体のCO2排出量を算定し、その結果が0以下となること ※2

出典:国土交通省住宅・建築物の省エネ・省CO2施策と支援事業の動向

※1 ZEH の要件は ZEH ロードマップフォローアップ委員会において定義された外皮性能、一次エネルギー消費性能を満足するもの(Nearly ZEH、ZEH Oriented は含まない)※2 建設、居住 、修繕・更新・解体の各段階を通じたCO2排出量が、太陽光発電によるCO2削減量を下回ることを指定のツールを用いて評価。 LCCO2(ライフサイクルCO2)評価結果が 0 以下となること(=建築から解体まで建築物のライフサイクルで使う資材・エネルギーをCO2排出量に換算、加算)

 

LCCM住宅(ライフサイクルカーボンマイナス住宅)とは?

ZEHのその先にあるとされているのが、LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅太陽光発電システムによる創エネを更に充実させ、地元の木材を積極的に活用する事で建設、 居住 、修繕・更新・解体の各段階を通じた「住宅の生涯」に関わるCO2排出量をマイナスとする住宅。

LCCM 2020 補助金

引用:国土交通省 住宅局資料(平成31年3月)

LCCM住宅のマニュアル・様式など関係資料が一般社団法人 環境共生住宅推進協議会ホームページにて、公表されました。参考程度に目を通してみてはいかがでしょうか。

新しい名称やレイティングがでてきますので、簡単にまとめてみました。

LCCM住宅の応募要件 CASBEE B+って、どういう意味?

LCCM住宅の応募要件に『CASBEE B+ランク以上または、長期優良住宅認定』とありますが、CASBEE って、一体、何でしょう?また、キャスビーB+ というレイティングもあるし? 調べてみました。

CASBEE(キャスビー)とは

Comprehensive Assessment System for Built Environment Efficiency。邦文名は建築環境総合性能評価システム。建築物を環境性能で評価し格付けする手法で、省エネ・環境負荷の少ない資機材を使用する等、環境への配慮・室内環境の快適性・景観への配慮等を含んだ総合的な建物の品質を評価するシステムです。

CASBEEは2001年4月に発足した国土交通省住宅局支援による産官学共同プロジェクト。建築物の総合的環境評価研究委員会を設立し、同委員会・及び・傘下小委員会が、研究開発と運営に当たっています。

CASBEEの目的:建築物の環境に対する様々な側面を客観的に評価。

    1. 建築物のライフサイクルを通じた評価
    2. 建築物の環境品質(Q)と、建築物の環境負荷(L)の両側面から評価
    3. 環境効率の考え方を用いて、新たに開発された評価指標「BEE(建築物の環境性能効率、Built Environment Efficiency)」で評価

評価結果は、5段階ランキングとして表示されます。

BEE(Build Environment Efficiency)とは

建築物の環境性能効率(BEE)=Q(建築物の環境品質)÷ L(建築物の環境負荷)

下表では、B- が一般の建物。A がサステナブルと評価される建物。

Q値が高く、L値が低い程、傾きが大きく、よりサステナブルな性向の建築物と評価。この手法を使う事で、建築物の環境評価結果をランキングすることが可能となる。グラフ上では建築物の評価結果をBEE 値が増加するにつれて、Cランク(劣る)からB-ランク、B+ランク、Aランク、Sランク(大変優れているとしてランキングされる。

ランク 評価 BEE値 ランク表示
S Excellent BEE=3.0以上、かつ Q=50以上 ★★★★★
A Very Good BEE=1.5以上 3.0未満 ★★★★
B+ Good BEE=1.0以上 1.5未満 ★★★
B- Fairly Poor BEE=0.5以上 1.0未満 ★★
C Poor BEE=0.5未満

参考:一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構 (IBEC)

ライフサイクルCO2排出率によるランク(温暖化影響チャート)

CO2 排出量 低炭素化に関わる性能水準のイメージ ランク表示
75%以下 建物・設備の省エネ、耐久性等の積極的取組 ☆☆☆
50%以下 建物・設備の省エネ、耐久性等の積極的取組・太陽光発電設置 ☆☆☆☆
0%以下 LCCM住宅 ☆☆☆☆☆

 

LCCM認定取得住宅の具体例:CASBEE

引用:IBECホームページ(LCCM住宅認定取得住宅一覧)

CASBEE: Comprehensive Assessment System for Built Environment Efficiency (建築環境総合性能評価システム)

  • 2-1 : 戸建の環境効率(BEEランク&チャート) Sランク (大変優れている)
  • 2-2 : ライフサイクルCO2(温暖化影響チャート)ランク     ☆☆☆☆☆(緑 5つ星)

LCCM住宅関連情報

LCCM(Life Cycle Carbon Minus)住宅、認定基準等につき、新着情報が公開されました。 IBEC 建築省エネ機構ホームページをご参照ください。

LCCM住宅(Life Cycle Carbon Minus)認定要件

住宅の建設・運用・廃棄までの寿命において、できるだけCO2排出削減に取り組み、更に、太陽光発電などによる再生可能エネルギー創出により、1住宅の生涯でのCO2の収支をマイナスにする住宅のこと。今後の住宅政策の柱の一つとなるものと期待されています。

 

LCCM住宅認定を行う機関がIBEC

LCCM住宅認定を行うのは、⼀般財団法⼈建築環境・省エネルギー機構IBEC(Institute for Building Environment and Energy Conservation)。IBECでは、LCCM住宅の普及促進に寄与することを目的とし、建築環境総合性能評価システムCASBEEの評価・認証の枠組み等に基づき、LCCM住宅認定を行っています。

LCCM住宅認定の概要

  • 対象建築物:新築の一戸建て専用住宅、竣工後3年以内の一戸建て専用住宅
  • 申請者:建築主、設計者、施工者、販売者等
  • 認定の基準:認定基準は下記①②のいずれかを満たすものとする。

①CASBEE認証ルート[注]:CASBEEの戸建評価認証制度に基づき認証された環境効率ランクがSまたはAであり、かつ、ライフサイクルCO2(温暖化影響チャート)ランクが、緑☆☆☆☆☆5つ星)である住宅 
②LCCM適合判定ルート:CASBEE-戸建(新築)に基づく「LCCM住宅部門の基本要件LCCO2(ライフサイクルCO2)適合判定ツール」による LCCO2評価結果が 0 以下。つまり、適合判定ツールにて評価した計算結果が「適合」である住宅

参考:IBEC 建築省エネ機構ホームページ

通常、住宅を供給する業者が補助金申請を行い、事業者は受給した補助金相当額を建築主に還元。戸建注文住宅新築に際しては、事業者・建築主間で共同事業実施規約を締結。

[注] :CASBEE認証ルートの要件

  1. CASBEEの戸建評価認証を受け、認証書が交付されている
  2. CASBEE-戸建(新築)により評価し、戸建標準計算による評価のみを対象
  3. 評価時期は、設計段階、竣工後入居前、入居後のいずれか
  4. 評価書作成者は、IBECs登録のCASBEE-戸建評価員であることが必要

 

大停電でも困らないスマートハウスとは?

太陽光発電が稼働しない日没後は、電気が使えないというこれまでのZEHが抱える課題を解決するのが、蓄電池搭載により、災害時や大停電時、夜間でも照明や家電が使える高機能のZEH。

ソーラーパネルで太陽光からエネルギーを創り、家庭用蓄電池に蓄え、住宅に必要なエネルギーを無駄なく振り分けるHEMS搭載により、更に、高機能化した住宅。非常時にも昼夜を問わず電力が使用できる防災対策機能を備えた住宅がスマートハウスです。

  • 深夜に災害・停電が発生しても、PCやスマホの充電ができ、照明や家電が使える。
  • 冬場に災害で停電が発生しても、寒さを回避できる。
  • 太陽光発電+蓄電池+HEMSが常識の時代になる。その機能を備えた家。

デザイン性に優れ、住宅性能に対する技術・経験豊かなハウスメーカーが創るLCCM、スマートハウス。施主としてはやはり、安心できます。こちらの記事をご参照ください。

ハウスメーカーが創るスマートハウス新築注文住宅
ここ数年の大規模停電:災害時の電力供給に注目 日本は地震や台風など災害の多い国です。加えて、地球温暖化により頻繁化する豪雨被害、千葉県を中心に最大93万戸が停電し、全面復旧まで2週間以上を要した2019年の台風15号による被害は記憶に新し...

 

省エネ住宅:住宅性能表示制度の内容に目を通す!

2000年度に施行された住宅の品質確の促進等に関する法律(通称:品確法)は、欠陥住宅などのトラブルを未然に防ぐことを目的としたもので、以下の3つにより構成されています。

  1. 建築会社に10年間の瑕疵担保責任(基本構造部分)を義務化
  2. 指定住宅紛争処理機関の創設
  3. 住宅性能表示制度の創設:新築住宅の場合、以下、10項目。評価機関に評価してもらうもらわないに関わらず、建築業者さんとの話合いの中で必要になってくる知識です。概要をまとめておきます。
  1. 地震などに対する強さ:耐震等級(構造躯体の倒壊等防止、最大等級3は1.5倍の力に耐える)。耐風等級(構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止:最大等級は2)。耐積雪等級(構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止、多雪区域のみ、最大等級は2)
  2. 火災に対する安全性
  3. 柱や土台などの耐久性
  4. 配管の清掃や補修のしやすさ、更新対策
  5. 省エネルギー対策:5-1 温熱環境(断熱等性能等級:最大等級4)、5-2 エネルギー消費量(最大等級5)
  6. シックハウス対策・換気:6-1 ホルムアルデヒド対策(内装及び天井裏等)最大等級3、ホルムアルデヒド発散量が極めて少ない(日本工業規格又は日本農林規格のF☆☆☆☆等級相当以上)、6-2 換気対策、6-3 室内空気の化学物質の濃度等:選択表示事項、建設住宅性能評価のみ
  7. 窓の面積
  8. 遮音対策
  9. 高齢者や障害者への配慮
  10. 防犯対策

参考:一社 住宅性能評価・表示協会ホームページ

 

ZEH補助金・LCCM補助金を受け取る:情報収集3つのステップ

企業として新築戸建住宅の見えない部分の品質をどのように管理し、施主の利益を守ってくれるのか。ZEHビルダー選びに際しては、3つのステップが役に立ちます。

ステップ1 資料請求で相場感を得る

希望する注文住宅新築にはどの程度の資金が必要か。まず、相場感覚を掴みましょう。

デザイン性に優れ、住宅性能に対する技術・経験豊かなハウスメーカーが創るZEHやLCCM。注文住宅を新築するに際しては、機能性からも、デザイン性からも、正直、安心できます。

気になるハウスメーカーやZEHビルダー数社を比較。見積もりとプランを一括請求できるサービスが便利です。

【PR】タウンライフ

ステップ2:大切なチェックポイントを質問する

お住まいの地域を施工エリアとするZEHビルダーの中から、気になるハウスメーカーや、地元の工務店、設計会社を選び、Emailで連絡。各社の家づくりについて、個別に問い合わせ。

本サイトの『地域別ZEHビルダー一覧』、『新築注文住宅 ZEH5つ星ビルダー一覧』が便利です。

【2023年度】ZEH(ゼッチ)補助金早わかり情報とZEHビルダーの選び方
2023年4月6日、令和5年度 戸建住宅ZEH化等支援事業の公募情報が開示されました。 ZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業(補助金)のうち、個人が戸建住宅を新築する場合、および、戸建住宅を取得する際に、利用できる補...

新築住宅の外観、インテリア、機能性については各社ホームページでチェックできます。

ここで、重要なチェックポイントは、企業として新築住宅の見えない部分の品質をどのように管理し、施主の利益を守ってくれるのか。ここになると思います。

 

・家づくりのプロセス、ZEH申請から入居までのスケジュールを説明してもらいたい。
・御社の社内品質管理体制や、社内検査体制について説明してもらいたい。
・御社内での検査状況の写真や記録を工事進捗に沿い、報告してもらえるか?
・住宅性能:御社住宅の耐震等級、シックハウス等級、省エネ等級を教えてもらいたい。
・施主として第三者を雇い、インスペクションを希望するが、対応してもらえるか?等

 

ステップ3:個別相談とモデルハウス見学でZEHビルダーを選ぶ

質問の回答や業者さんの対応をみて、信頼感を持てたZEHビルダーを数社選択。実際に面談。

モデルハウスを訪れ、住環境を体感し、個別面談では、予算と設備仕様など詳細につき希望を伝え、アドバイスを受け調整。見積もりや間取り図を、作成してもらいましょう。

数社との間でこのプロセスを取り、間取り図や見積もり金額を比較。信頼でき、ご家族の希望に最も沿った提案をしてくれた業者さんを選びたいものです。

この3つのステップを踏む事で、施主にとり、初めて納得のゆく建築業者・ZEHビルダーを選ぶ事が可能になるではないでしょうか

ZEHビルダーとの確認事項

  1. 補助金を上手く使い新築
  2. 着工のタイミングの確認:新築する場合、事前に着工した物件は対象外となります。
  3. ZEH仕様とするコストの確認:初期費用が嵩みます。追加コストは250~300万円程度といわれています。

ZEH提出書類の作成が心配

提出書類記載事項は非常に複雑ですが、ZEHに必要な計算等はZEHビルダー側がやってくれます。施主は記載事項の説明を受け、納得の上、必要な署名・押印をすれば良いので問題ありません。

多額の投資になるのですから、技術力と豊富な実績を持つ信頼できるZEHビルダー数社からの提案を比較・検討した上で、家族の健康をしっかり守る快適な住環境を備えた後悔のないZEH注文住宅の新築を、是非、実現してください。

タイトルとURLをコピーしました