【速報】2022年度(令和4年度)LCCM、ゼッチ補助金速報 ZEH・ZEH+ 

こどもみらい住宅支援事業 ZEH ZEH+R LCCM
LCCMの第2回募集が、本日、令和4年9月15日(木)より始まります!

国土交通省による「令和4年度LCCM住宅整備推進事業」の第2回募集が開始となりました。募集期間は令和4年9月15日(木)~令和4年10月31日(月)。予算に達した場合、受付終了となる事がありますのでご留意ください。

令和4年以降も2030年度目標達成に向け、ZEH補助金制度に対し更なる注力が見込まれていましたが、2050年カーボンニュートラル、2030年度温室効果ガス排出量の2013年度比46%削減実現に向け、住宅・建築物部門の省エネ対策強化、木材利用促進が強化されます。

スポンサーリンク

【2022年度】ZEH・ZEH+・次世代ZEH+・LCCM住宅補助金

自然災害が相次ぐ昨今、停電時に、夜間でも電気を使う生活を可能にしてくれる蓄電装置を搭載した次世代ZEHへの関心が高まっています。

戸建住宅にポイントを絞り、漸次、情報をアップデートしてゆきます。

経済産業省・環境省 ZEH補助金

2022年4月15日、2022年度(令和4年度)、経済産業省・環境省連携によるZEH補助金額(環境共創イニシアチブSII担当)の詳細が公開されました。

ZEH補助金一覧

♠環境省:ZEH支援事業
♠経済産業省:次世代ZEH+、次世代HEMS実証事業

公募スケジュール

引用元:一般社団法人 環境共創イニシアチブ(SII)ホームページ

 

国土交通省 ZEH・LCCM補助金

サステナブル建築物等先導事業 地域型住宅グリーン化事業
LCCM(life cycle carbon minus)住宅:建築から解体再利用まで住宅のライフサイクルを通じたCO2排出量をマイナスにする住宅。

CASBEE B+ランク以上
または、長期優良住宅認定

第1回公募期間:令和4年7月1日(金)~令和4年8月31日(水)

第2回公募期間:令和4年9月15日(木)~令和4年10月31日(月)

ZEH経験の乏しい中小工務店等による木造戸建 ZEH(ゼッチ)住宅。net Zero Energy House
国土交通省 国土交通省
上限140万円/戸掛かり増し費用の1/2以内
上限140万円/戸掛かり増し費用の1/2以内

♠国土交通省地域型住宅:①施工経験4戸以上の事業者は上限125万円/戸 掛かり増し費用1/2以内 ②長期優良住宅の場合、10万円戸 補助限度額引き上げ。
♠国土交通省地域型住宅:地域材の活用等により上限20万円加算。三世代同居への対応、若者・子育て世帯または一定のバリアフリー対応により上限30万円加算。

ZEH補助金・LCCM補助金の詳細についてはこちらの記事をご参照ください。

【2022年度】ZEH(ゼッチ)補助金早わかり情報とZEHビルダーの選び方
ZEH(ゼッチ:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業(補助金)のうち、個人が戸建住宅を新築する場合、および、戸建住宅を取得する際に、利用できる補助金・税優遇制度に焦点を当て、2022年度(令和4年度)ZEH補助金の概要につき、ご紹介し...

令和4年度 地域型住宅グリーン化事業

地域における木造住宅の整備を図り、環境負荷低減を図るため、ZEH経験の乏しい中小工務店等が地域材を用いて行う省エネ性能に優れた木造住宅新築に対する支援事業。

令和4年4月27日、最終補助金額が公表されました。

出典:国土交通省ホームページ 令和4年4月27日報道発表資料

地域型住宅グリーン化事業補助金額

4月27日最終公表金額 補助金額 施工実績4戸以上の事業者
ZEH・Nearly ZEH 140万円/戸 125万円/戸
ZEH・Nearly ZEH+長期優良住宅 150万円/戸 135万円/戸
長期優良住宅 140万円/戸 125万円/戸
認定低炭素住宅 90万円/戸 75万円/戸
ZEH Oriented 90万円/戸 75万円/戸

加算措置

複数加算措置に対応する場合 上限 40万円/戸
地域材等加算
地域の伝統的建設技術の継承
20万円/戸を限度に補助額を加算
三世代同居/若者・子育世帯加算 30万円/戸を限度に補助額を加算(下図参照)
バリアフリー加算 30万円/戸を限度に補助額を加算

 

令和4年度地域型住宅グリーン化事業グループ募集募集期間

令和4年4月27日から令和4年6月6日まで

 

令和4年度 LCCM補助金

 上限140万円/戸
♠ 掛かり増し費用の1/2以内
♠ 第2回LCCM支援対象事業募集期間:令和4年9月15日(木)~令和4年10月31日(月)

 

 

LCCM住宅の詳細については、こちらの記事をご参照ください。

【2022年度】 ZEH・ZEH+・次世代ZEH+・LCCM補助金制度
LCCMの第2回募集が、本日、令和4年9月15日(木)より始まります! 国土交通省による「令和4年度LCCM住宅整備推進事業」の第2回募集が開始となりました。募集期間は令和4年9月15日(木)~令和4年10月31日(月)。予算に達した場合...

 

こどもみらい住宅支援事業

補助金額など詳細はこちらをご参照ください。

こどもみらい住宅支援事業 新築住宅補助金速報3
♠2022年4月28日、こどもみらい住宅支援事業、交付申請期限の延長等を決定。 こどもみらい住宅支援事業とは 子育て支援及び2050年カーボンニュートラルの実現の観点から、子育て・若者夫婦世帯の高性能省エネ住宅の取得や、省エネ改修等...

 

東京ゼロエミ住宅導入促進事業

補助金額など詳細はこちらをご参照ください。

令和4年度 東京ゼロエミ住宅導入促進事業 
東京都では、CO2など温室効果ガス排出量を実質ゼロにするエミッション・ゼロの住宅を、都内で新築する建築主に対し、費用の一部を助成する東京ゼロエミ事業を、令和元年10月1日より開始。令和4年度予算規模は約132億円と、大幅に増大しています。令...

 

新築戸建住宅のZEHロードマップとZEHの位置付け

経済産業省・国土交通省・環境省が連携し、住宅の省エネ・省CO2 化に取り組み、2030年目標:建売戸建・集合住宅を含む新築住宅の平均でZEH実現を目指しています。

  1. 2050年カーボンニュートラル達成に向けCO2削減が急がれる。気候変動対策の具体的な取り組みとして、ZEHやZEBによる住宅・建築物の省エネ化・低炭素化が政府の推進課題。
  2. ZEH化の意義・効果を伝える消費者へのメッセージPR拡大により、ZEH認知度の向上が見込まれる。
  3. 新型コロナウイルス感染拡大で在宅勤務が普及、住宅のエネルギー消費量拡大が見込まれる中、省エネは消費者の大きな課題。しかも、ZEH断熱住宅は部屋ごとの気温差のない快適な健康住宅で、消費者に大きな魅力。
  4. ZEHビルダー・ZEHプランナーが体制の不備を整え、ZEH化率向上が見込まれる。
  5. 新築注文戸建住宅に加え、建売住宅、コミュニティーZEH、集合住宅ZEH-MとZEH普及の拡大が見込まれる。

 

まとめ 

  1. 大型台風や地震に伴う長期停電など、近年、地震・台風の被害が拡大する中、高耐震性、省エネ・創エネ・蓄エネ機能を備え、自宅の電気を自給できるばかりか、長期停電時にも、昼夜を問わず電気が使え、長期停電に耐えられるレジリエンスを強化したZEH住宅。
  2. 部屋ごとの気温差がない家族の健康を守る住まい。
  3. 住宅のZEH(ゼッチ)化により、CO2を削減し、地球環境に優しい住まいを実現できる。
  4. HEMSに守られた安全・安心な暮らし。
  5. ZEH補助金により、初期投資の補助を受ける事ができる。

地球温暖化対策が急がれ、政府によるZEH支援強化が見込まれる中、今後、ZEH住宅に対する需要は大きく伸びるものと見込まれます。

多額の投資になるのですから、技術力と豊富な実績を持つ信頼できるZEHビルダー数社からの提案を比較・検討した上で、家族の健康をしっかり守る快適な住環境を備えたZEH注文住宅新築を実現してください。

ZEH目標をほぼ達成しているZEHビルダーからまとめて資料請求
☞スマホから一括お取り寄せできるサービスが便利です

【PR】タウンライフ

チェックポイントは、ZEHビルダーとしての実績に加え、デザイン面の拘りや、企業として新築住宅の見えない部分の品質をどのように管理し、施主の利益を守ってくれるのか。ここになるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました